FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサーサイト

Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀 第九話 「剣の神髄」 感想

丹翡ちゃんイジメ、続く。

前回鬼鳥の正体が悪名高い大盗賊である「掠風竊塵」であると知った殤と丹翡。
元々狩雲霄らは「世間知らずのお嬢様から天刑劍を奪おうぜ!」と鬼鳥に誘われて一向に加わったのでした。
刑亥によれば、天刑劍を魔界の皇子に献上すれば人間界では使い切れぬほどの財貨を貰うことが出来るとのこと。もしサンボルに二期があるのなら魔界が舞台になるのでしょうか。
そうとは知らずに凜雪鴉に頼り、しかもよりにもよって義士と呼んでいたのですから、そりゃあ蔑天骸にも笑われましょうなあ。
しかし丹翡が鬼鳥を疑わなかったのも仕方のない事です。あの時点で彼女が頼れる者は他に何もなかったのですから。

皆さんを信じていたのに、と嘆く丹翡。
tf9-0.png
殺無生「そもそも最初に信じた者を間違えたのだ」
丹翡 (´;ω;`)
刑亥「そうやって涙も枯れた頃には、魑翼の餌になっているだろう」
丹翡 (´;ω;`)
お前ら寄ってたかって丹翡ちゃんが何したって言うんだ!そこに並べ!やっちゃってください殤さん!
あ、天刑劍の鍔は鬼鳥によって偽物とすり替えられていました。すり替えておいたのさ!

一方丹翡のことが気にかかる捲殘雲は、仁義にもとる行いをして誇りは傷つかないのかと狩雲霄に詰め寄ります。
それに対し狩雲霄は、誇りとは命と引き換えに手に入れるものであり、生きて誇らしげにする者には必ず秘めた恥がある。手際よく恥を隠したものだけが武林に名を残すことが出来ると語ります。
「でも、俺はあんたのこと、本物の英雄好漢だと……」
青い。実に青い。しかしその青臭さが捲殘雲の魅力です。自身が信じた理想と、それとはかけ離れた現実のギャップに、捲殘雲はひとり苦しむのでした。

丹翡は人を疑わなかった自分を恥じ、外の世界に出るべきではなかったと、殤を巻き込んでしまったことを謝ります。その言葉に殤は、
tf9-2.png
「騙されることを悔やんでもいいが、正しくあろうとしたことは悔やむんじゃない」
さすが主人公!言うことが違う。サンボルの主人公は凜雪鴉なんですけどね。まあぶっちーのことだから、まどマギが実際はほむらが主人公であったように、サンボルの主人公は殤と考えて問題ないでしょう。

蔑天骸は剣のコレクターでした。ますますギルガメッシュっぽい。
なぜそこまで剣に執着を見せるのか、鬼鳥に問われ蔑天骸は答えます。気分はFate/Zeroの聖杯問答。
tf9-3.png
「この世において、剣こそは力の証。何よりも揺るぎない真理の在処。生と死を分かつ、絶対的な真実を形にしたものだ。故に俺は、至高の剣を、最強の剣を求め欲する。富も、栄華も、権力も、全て浮世の泡沫にすぎん。滅びの力をこの手に掴む、圧倒的な喜悦に比べればな」
か、かっこいい……。勢い余って全部文字に起こしてしまった。この圧倒的なカリスマが、玄鬼宗の長たる所以でしょう。
聖杯問答なので、鬼鳥もなぜ盗みにこだわるのかを蔑天骸に問われます。で、答えて曰く、
「あえて言葉にするのならば、覇者の気風とでも言う他ないかな」
はてさて、どういう意味でしょうか?真意を問いただす前に殺無生が割って入ったので答えは次回に持ち越されました。

いよいよ約束の時。鬼鳥の首を狙う殺無生ですが、その前に優先すべきは蔑天骸だと言います。
「俺は貴様に問わねばならんことがある」
「なんなりと承ろう」
「かたじけない。……では、剣を抜いてもらおうか!」
意外と礼儀正しい蔑天骸にこれまた礼儀正しくかえす殺無生。それを見て爆笑する俺
しかしここで蔑天骸VS殺無生の好カードとは。作中屈指の実力者同士の闘い、否が応でもテンションが上がるっ!
「鳴鳳決殺の剣に言葉は無用。その剣、その天命の在処について、命を賭けて問い質す!」
「剣の神髄を問われては、俺もまた応じなければ信条を見失うというものだ……!」
なんでこいつらこんな格好いいんだ……。殺無生はともかくとして、意外にも蔑天骸もまたアツい男でした。
さて、そんな蔑天骸の構えを見た殺無生は、
tf9-6.png
ヘブン状態になりました。
強者と知るや斬ってみたくなる男、殺無生。自分より蔑天骸の方が強いことを知り狂喜します。
今週のダンガンロンパ3絶望編の狛枝も、カムクライズルに会った時こんな感じでしたね。

「九手で詰みか!」

相変わらず殺陣が凄まじい。毎週このクオリティを維持しているのは本当に凄いです。

tf9-7.png
「鳴鳳決殺」殺無生、散る!
負けるのが分かっていてなぜ挑んだのか、尋ねる蔑天骸に殺無生は
「俺の剣の道は必然の探求。決して勝てぬと悟った以上は、実際に負けてみなければ気がすまぬ……」
か、かっこいい……。敵味方関係無く、一本芯の通ったキャラは非常に魅了的。

tf9-8.png
「貴様とて、冥土の旅路は避けられぬ。待っている……ぞ」
ストーカーここに極まれり。結局鬼鳥に盗まれたものってなんだったんでしょうか。

tf9-9.png
「その骸は、魑翼に喰わせるな。丁重に荼毘に付すように。俺にとって強い戦士こそ真理…勇者こそ友であり尊敬する者!!俺はお前のことを永遠に記憶の片隅に留めておくであろう鳴鳳決殺。シャボン玉のように華麗ではかなき男よ」なんて蔑天骸は言ってない

それ程までに強ければ、まっとうな手段でも頂に立てたはず。「武林の番付に興味はないと?」と聞く鬼鳥に、
tf9-10.png
「証など立てるまでもなく、我が剣は天下に無双。あえて確かめる必要がどこにある!」
蔑天骸の株価の上昇が留まるところを知らない!俺が最強なのは天の理、地の自明也!
突然乱入してきた敵にも礼を尽くし、これを一対一で真っ向から打ち倒す。蔑天骸はとても気持ちのいい悪役です。
蔑天骸と殺無生はサンボルが終わったら当ブログで紹介したいと思います。

激闘終わって鬼鳥が殤の剣を確認すると、剣は文字通りのなまくら刀でした。そしてその後ろには、
tf9-11.png
この殤不患 容赦せん!
しかしジョジョ好きだね俺。

次回「盗賊の矜持」。
「嘘と誠の境目に、踊る道化の影法師。張り巡らせた罠の中、白い鴉が冷たく笑う」

園咲琉兵衛/テラー・ドーパント(仮面ライダーW)

テラー・ドーパント

ビルが溶け、人が死ぬ。この街では良くある事だ。

「仮面ライダーW」に登場。平成ライダーでは珍しい、分かりやすい悪の組織の頭目。甘党。
演じたのは「天空の城ラピュタ」のムスカ大佐で有名な、寺田農氏。

Wの舞台である「風都」を牛耳る大富豪「園咲家」の家長にして、人を怪人に変身させる装置「ガイアメモリ」を街にバラまく秘密結社「ミュージアム」の総帥。街の人々からは風都博物館の館長として知られている。
自分や自分の家族を「地球に選ばれた家族」と呼んで憚らない、選民思想の持ち主。自分とその家族には地球を導く義務があると考えている。
常に微笑をたたえ、余裕ある態度を崩すことはない紳士。食事は必ず家族全員でとるなど家族思いで一見優しげだが、その実ガイアメモリにより街や人がどうなろうとも意に介さない冷酷さを併せ持ち、たとえ家族であろうとも裏切り者は容赦なく殺す。しかも笑いながら。主人公らからは「敵の根源」と呼ばれる。

元々は本当に優しい性格だったが、ミュージアムの地下を発掘中に息子である「園咲来人」「地球の記憶」と呼ばれる地下空間に転落、命を落としてしまうことで彼の中で何かが永久に変わってしまう。こうして園咲琉兵衛の人生は大きく狂いだすことになる。
その後彼は「ガイアインパクト」なる計画を達成するために、巨大なガイアメモリの人体実験場として風都を支配してきた(このことから後に大道克己は風都市民のことを「哀れな箱庭の住人」と称した)。
「ガイアインパクト」を起こすには、仮面ライダーWが「エクストリーム」の力に目覚める必要があり、そのためガイアメモリ犯罪を追うWは邪魔な存在ではあったが、わざと見逃していた。
Wが井坂深紅郎/ウェザー・ドーパントに追い詰められた時に助けたのはそのせいである。
この時後述のテラー・ドーパントに変身して「見てわからんかね?食事の誘いだよ」と井坂に声をかけて戦闘を中断させるわけだが、誰がどう見たって分かるわけない
さすが大富豪の長、茶目っ気も十分である。

《テラー・ドーパント》
園咲琉兵衛が上位のガイアメモリであるゴールドメモリの、恐怖の記憶を司る「テラーメモリ」とドライバーによって変身した姿。
頭には巨大な仮面のような装飾が施されており、見る者の恐怖を煽り立てる(気がする)。
並の人間は琉兵衛がこのメモリを取り出すだけでビビる。並じゃなくてもビビる
「テラー」の名の通り相手の恐怖を操る力を持ち、テラーフィールドと呼ばれる青黒い液状の領域を生み出し、これに触れた者は恐怖に苦しみ自滅する。簡単に言うとSAN値が最低になる
単純明快だがその能力も絶大で、一度は主人公の左翔太郎を廃人寸前にまで追い込んだ。
ちなみに相手の恐怖を煽る時眼が光るしかも人間の状態で
またテラー・フィールドは汎用性も高く、相手の攻撃の吸収やフィールドに潜ることで空間移動なども行うことが出来る。
さらに奥の手として、頭上の装飾からテラードラゴンと呼ばれる巨大な怪物を出現させることも可能。
テラードラゴンの戦闘力は非常に高く、照井竜=仮面ライダーアクセルを完膚なきまでに叩き潰した。
井坂先生はウェザー・ドーパントに翼があれば琉兵衛に勝てると思っていたが、誰がどう見たって無理
素の格闘能力は他の近接系ドーパントに比べると劣るが、あくまで並か、その少し上程度であり決して低くない。
普通の相手にはテラーフィールドによる精神汚染、それが効かない者にはテラードラゴンと、隙の無い強さを誇る。
が、最後の戦いでテラードラゴンはアクセルに、自身は恐怖を乗り越えた翔太郎が変身したWに、それぞれ敗北した。
「Nobody's Perfect」のMVによれば、かつて仮面ライダースカル=鳴海荘吉と対峙し、ボコボコにされたことがあるようだ。おやっさんどんだけ強いんだよ……。

恐怖の帝王と称される琉兵衛だが、そんな彼にも恐怖することが一つだけ存在した。
それは家族を失うこと。
彼は「イーヴィルテイル」と呼ぶ刷毛を大事にしており、それは園咲家全員がそれぞれ名前を書いたものだった。
これがある限り家族の絆は永遠……、そう思う琉兵衛だが、現実に息子・来人の命が失われてしまう。
それを認めたくない思いからか、彼の中で逆転現象が起こり、イーヴィルテイルは家族の無事を祈願するものから家族そのものへと変わったのである。
故に琉兵衛はイーヴィルテイルに執着し、これが失われるのを極端に恐れる。
現実の家族の喪失から目を背け続けてきた、なんともあわれで哀しい人物だと言えるだろう。
最後は炎上する園咲邸の中で、かつて家族が揃って過ごしていた幸せな日々に思いを馳せ、記憶の中の妻と踊りながら炎に呑まれていった。

さて、そんな彼が目指した「ガイアインパクト」とは一体なんだったのだろうか。
Wikipediaによれば、「地球の記憶の全てを解明することで園咲家を理想の家族にし、神の領域に登り詰めるため」、「人類そのものを地球と一体化させることで非絶滅種族にしようと企てていた」とあるが、劇中ではそこまで言及されていない。
実際彼が行おうとしていたのは娘の若菜に「地球の記憶」全てのデータを流し込み、「地球の巫女」とすること、それだけであった。その後どうしようとしていたかは結局わからずじまいだった。
若菜の回想によれば、「聞こえるだろう?地球の嘆きが」と琉兵衛は発言している。
これが若菜に地球の巫女になる決意をさせたことから考えると、実は地球は滅びの道を辿っており、琉兵衛はそれを止めようとしていたのではないだろうか?
そう考えると、方法は間違っていたにせよ、彼は決して悪い人物ではなかったのかもしれない。

エクストリィィィィィム度:☆☆☆☆☆

ノウマン(ANUBIS ZONE OF THE ENDERS)

ノウマン

宇宙の意思が、人類の無意識が、終末を望んでいるのだ!

PS2用ソフト「ANUBIS ZONE OF THE ENDERS」のラスボス。そしてヤンホモ
CVは「金田一少年の事件簿」の剣持警部などをつとめる小杉十郎太氏。

主人公ディンゴ・イーグリットがかつて所属していたバフラム軍の大佐で、元上司。身体が死体のように白い。
口調からは理知さを感じさせるが、その性格は残忍にして冷徹。
実力主義者なのか、かつてのエースパイロットであったディンゴに執着を見せる。しかし自分の意にそぐわないと知るや即射殺した。
このことからも、無価値と判断した者は一切の迷いなく切り捨てる冷酷さが伺える。

「アーマーン計画」と呼ばれる謎の計画を指揮しており、ディンゴらの前に最大最後の敵として立ちはだかる。
エネルギー鉱石「メタトロン」によって開発された人型兵器「オービタルフレーム」、さらにその中でも最強である「アヌビス」のランナー(=パイロット)。
彼の目的である「アーマーン計画」とは、軍事要塞「アーマーン」による空間圧縮、そのエネルギー収縮がもたらす太陽系全ての破壊である。スケールがぶっ飛んでいる。
彼は終末こそがメタトロンの意思であり、自身はその代行者に過ぎないと語る。
恐るべきエネルギーを持つメタトロンが導く先は、「全てを終わらせる破壊」でしかなく、集合的無意識=宇宙終末をこそ望んでいる、というのがノウマンの持論である。
明らかにメタトロンによる精神汚染を受けており、その影響か、それとも元来の性格からか、彼は破壊に取り憑かれ「アーマーン計画」を進めるのであった。

《アヌビス》
ノウマンが駆る最強のオービタルフレーム。「アーマーン計画」の要。
ディンゴの搭乗機である「ジェフティ」と対になっているが、当初不完全だったジェフティとは異なり最初から全能力を発揮できる。
特に「ゼロシフト」と呼ばれる機能が強烈で、これは亜光速移動、つまり擬似的な瞬間移動である。物語の序盤に相対するがこの能力により絶対に勝てない、いわゆる負けイベントである。
最終的にアーマーンと一体化し「アーマーン アヌビス」となるが、激闘の末にディンゴに敗れる。

ランナーとしても優秀であり、かつてノウマンに並ぶのはディンゴだけだと言われていた。
よほどディンゴのことが気に入っていたのか、昔自分で切り捨てたくせにディンゴと偶然にも再会した時、
「戻れ、お前は好きだ」
と発言(しかもPVにも使われた)
再び自分のもとに来るよう告白勧誘するというホモっぷりをプレイヤーに強烈に印象づけた。
さらに、当然これを拒否するディンゴを迷いなく殺すヤンデレっぷりを併せ持ち、今なお語られるに相応しい悪役である。

こじらせ度:☆☆☆☆☆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。