FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

園咲琉兵衛/テラー・ドーパント(仮面ライダーW)

テラー・ドーパント

ビルが溶け、人が死ぬ。この街では良くある事だ。

「仮面ライダーW」に登場。平成ライダーでは珍しい、分かりやすい悪の組織の頭目。甘党。
演じたのは「天空の城ラピュタ」のムスカ大佐で有名な、寺田農氏。

Wの舞台である「風都」を牛耳る大富豪「園咲家」の家長にして、人を怪人に変身させる装置「ガイアメモリ」を街にバラまく秘密結社「ミュージアム」の総帥。街の人々からは風都博物館の館長として知られている。
自分や自分の家族を「地球に選ばれた家族」と呼んで憚らない、選民思想の持ち主。自分とその家族には地球を導く義務があると考えている。
常に微笑をたたえ、余裕ある態度を崩すことはない紳士。食事は必ず家族全員でとるなど家族思いで一見優しげだが、その実ガイアメモリにより街や人がどうなろうとも意に介さない冷酷さを併せ持ち、たとえ家族であろうとも裏切り者は容赦なく殺す。しかも笑いながら。主人公らからは「敵の根源」と呼ばれる。

元々は本当に優しい性格だったが、ミュージアムの地下を発掘中に息子である「園咲来人」「地球の記憶」と呼ばれる地下空間に転落、命を落としてしまうことで彼の中で何かが永久に変わってしまう。こうして園咲琉兵衛の人生は大きく狂いだすことになる。
その後彼は「ガイアインパクト」なる計画を達成するために、巨大なガイアメモリの人体実験場として風都を支配してきた(このことから後に大道克己は風都市民のことを「哀れな箱庭の住人」と称した)。
「ガイアインパクト」を起こすには、仮面ライダーWが「エクストリーム」の力に目覚める必要があり、そのためガイアメモリ犯罪を追うWは邪魔な存在ではあったが、わざと見逃していた。
Wが井坂深紅郎/ウェザー・ドーパントに追い詰められた時に助けたのはそのせいである。
この時後述のテラー・ドーパントに変身して「見てわからんかね?食事の誘いだよ」と井坂に声をかけて戦闘を中断させるわけだが、誰がどう見たって分かるわけない
さすが大富豪の長、茶目っ気も十分である。

《テラー・ドーパント》
園咲琉兵衛が上位のガイアメモリであるゴールドメモリの、恐怖の記憶を司る「テラーメモリ」とドライバーによって変身した姿。
頭には巨大な仮面のような装飾が施されており、見る者の恐怖を煽り立てる(気がする)。
並の人間は琉兵衛がこのメモリを取り出すだけでビビる。並じゃなくてもビビる
「テラー」の名の通り相手の恐怖を操る力を持ち、テラーフィールドと呼ばれる青黒い液状の領域を生み出し、これに触れた者は恐怖に苦しみ自滅する。簡単に言うとSAN値が最低になる
単純明快だがその能力も絶大で、一度は主人公の左翔太郎を廃人寸前にまで追い込んだ。
ちなみに相手の恐怖を煽る時眼が光るしかも人間の状態で
またテラー・フィールドは汎用性も高く、相手の攻撃の吸収やフィールドに潜ることで空間移動なども行うことが出来る。
さらに奥の手として、頭上の装飾からテラードラゴンと呼ばれる巨大な怪物を出現させることも可能。
テラードラゴンの戦闘力は非常に高く、照井竜=仮面ライダーアクセルを完膚なきまでに叩き潰した。
井坂先生はウェザー・ドーパントに翼があれば琉兵衛に勝てると思っていたが、誰がどう見たって無理
素の格闘能力は他の近接系ドーパントに比べると劣るが、あくまで並か、その少し上程度であり決して低くない。
普通の相手にはテラーフィールドによる精神汚染、それが効かない者にはテラードラゴンと、隙の無い強さを誇る。
が、最後の戦いでテラードラゴンはアクセルに、自身は恐怖を乗り越えた翔太郎が変身したWに、それぞれ敗北した。
「Nobody's Perfect」のMVによれば、かつて仮面ライダースカル=鳴海荘吉と対峙し、ボコボコにされたことがあるようだ。おやっさんどんだけ強いんだよ……。

恐怖の帝王と称される琉兵衛だが、そんな彼にも恐怖することが一つだけ存在した。
それは家族を失うこと。
彼は「イーヴィルテイル」と呼ぶ刷毛を大事にしており、それは園咲家全員がそれぞれ名前を書いたものだった。
これがある限り家族の絆は永遠……、そう思う琉兵衛だが、現実に息子・来人の命が失われてしまう。
それを認めたくない思いからか、彼の中で逆転現象が起こり、イーヴィルテイルは家族の無事を祈願するものから家族そのものへと変わったのである。
故に琉兵衛はイーヴィルテイルに執着し、これが失われるのを極端に恐れる。
現実の家族の喪失から目を背け続けてきた、なんともあわれで哀しい人物だと言えるだろう。
最後は炎上する園咲邸の中で、かつて家族が揃って過ごしていた幸せな日々に思いを馳せ、記憶の中の妻と踊りながら炎に呑まれていった。

さて、そんな彼が目指した「ガイアインパクト」とは一体なんだったのだろうか。
Wikipediaによれば、「地球の記憶の全てを解明することで園咲家を理想の家族にし、神の領域に登り詰めるため」、「人類そのものを地球と一体化させることで非絶滅種族にしようと企てていた」とあるが、劇中ではそこまで言及されていない。
実際彼が行おうとしていたのは娘の若菜に「地球の記憶」全てのデータを流し込み、「地球の巫女」とすること、それだけであった。その後どうしようとしていたかは結局わからずじまいだった。
若菜の回想によれば、「聞こえるだろう?地球の嘆きが」と琉兵衛は発言している。
これが若菜に地球の巫女になる決意をさせたことから考えると、実は地球は滅びの道を辿っており、琉兵衛はそれを止めようとしていたのではないだろうか?
そう考えると、方法は間違っていたにせよ、彼は決して悪い人物ではなかったのかもしれない。

エクストリィィィィィム度:☆☆☆☆☆
スポンサーサイト

ノウマン(ANUBIS ZONE OF THE ENDERS)

ノウマン

宇宙の意思が、人類の無意識が、終末を望んでいるのだ!

PS2用ソフト「ANUBIS ZONE OF THE ENDERS」のラスボス。そしてヤンホモ
CVは「金田一少年の事件簿」の剣持警部などをつとめる小杉十郎太氏。

主人公ディンゴ・イーグリットがかつて所属していたバフラム軍の大佐で、元上司。身体が死体のように白い。
口調からは理知さを感じさせるが、その性格は残忍にして冷徹。
実力主義者なのか、かつてのエースパイロットであったディンゴに執着を見せる。しかし自分の意にそぐわないと知るや即射殺した。
このことからも、無価値と判断した者は一切の迷いなく切り捨てる冷酷さが伺える。

「アーマーン計画」と呼ばれる謎の計画を指揮しており、ディンゴらの前に最大最後の敵として立ちはだかる。
エネルギー鉱石「メタトロン」によって開発された人型兵器「オービタルフレーム」、さらにその中でも最強である「アヌビス」のランナー(=パイロット)。
彼の目的である「アーマーン計画」とは、軍事要塞「アーマーン」による空間圧縮、そのエネルギー収縮がもたらす太陽系全ての破壊である。スケールがぶっ飛んでいる。
彼は終末こそがメタトロンの意思であり、自身はその代行者に過ぎないと語る。
恐るべきエネルギーを持つメタトロンが導く先は、「全てを終わらせる破壊」でしかなく、集合的無意識=宇宙終末をこそ望んでいる、というのがノウマンの持論である。
明らかにメタトロンによる精神汚染を受けており、その影響か、それとも元来の性格からか、彼は破壊に取り憑かれ「アーマーン計画」を進めるのであった。

《アヌビス》
ノウマンが駆る最強のオービタルフレーム。「アーマーン計画」の要。
ディンゴの搭乗機である「ジェフティ」と対になっているが、当初不完全だったジェフティとは異なり最初から全能力を発揮できる。
特に「ゼロシフト」と呼ばれる機能が強烈で、これは亜光速移動、つまり擬似的な瞬間移動である。物語の序盤に相対するがこの能力により絶対に勝てない、いわゆる負けイベントである。
最終的にアーマーンと一体化し「アーマーン アヌビス」となるが、激闘の末にディンゴに敗れる。

ランナーとしても優秀であり、かつてノウマンに並ぶのはディンゴだけだと言われていた。
よほどディンゴのことが気に入っていたのか、昔自分で切り捨てたくせにディンゴと偶然にも再会した時、
「戻れ、お前は好きだ」
と発言(しかもPVにも使われた)
再び自分のもとに来るよう告白勧誘するというホモっぷりをプレイヤーに強烈に印象づけた。
さらに、当然これを拒否するディンゴを迷いなく殺すヤンデレっぷりを併せ持ち、今なお語られるに相応しい悪役である。

こじらせ度:☆☆☆☆☆

エルンスト・フォン・バーベム(ラーゼフォン)

エルンスト・フォン・バーベム
この世界は私のシステムで、今動いている。
その行き着く先を見届けるのは、 創造主の特権というもの、だろ?


TVアニメ「ラーゼフォン」及び映画「ラーゼフォン 多元変奏曲」に登場する謎めいた老人。
CVは「鋼の錬金術FA」の「お父様」役などで知られる家弓家正氏。

主人公神名綾人が属する組織「TERRA」のスポンサー、「バーベム財団」の当主。登場人物からはもっぱら「バーベム卿」と呼ばれる。
Wikipediaによれば「世界を裏から牛耳っている」とのことで、実際そうなのだが、ラーゼフォンの世界は謎の侵略者「ムーリアン」によって危機的状況にあるのであまりそういった感じはない。
何代も前の当主から外見が変わっていないと噂され、「ノスフェラトゥ」「メトセラ」と呼称されることも。

非常にややこしいため分かりづらいが、物語の実質的黒幕であり、世界を調律する(=創り直す)「ラーゼフォンシステム」の開発者である。

その正体は人類の敵対者であり、別次元の人類である純粋な「ムーリアン」
ムーリアンは他者に同調することでその身体を乗っ取ることが出来、彼は自身のクローンに意識を移し替えることで命を延ばしていた。これが彼が不死と呼ばれるカラクリである。
そんなバーベム卿の目的は、自身が造った「ラーゼフォンシステム」による世界の調律を見たい、ただそれだけである。
そもそも人類とムーリアンの世界はお互いに干渉しあう「不調和」な状態で、このままでは二つの世界は共倒れだった。
その解決策としてバーベム卿が考えたのが「ラーゼフォンシステム」による世界の調律である
つまりバーベム卿がやろうとしたことは全く悪いことじゃないのだ。
それでも彼が間違いなく悪役なのは、彼が世界の救済を目指したのではなく、自身が造ったシステムが世界を創り変える様を見届け、創造主になることを目指したからである
その為ムーリアンでありながら、世界が人類側、ムーリアン側、どちらの側に調律されようとしったこっちゃない。
ラーゼフォンの「奏者」になって自ら調律することに興味はなく、あくまでシステムの製作者であることに留まるあたり、世界の行く末に興味が無いことが伺える。

奏者が誕生し、ラーゼフォンが覚醒するのを待ち続け、またその為に何万年も前から暗躍してきた。
物語終盤、老人の身体から付き人であるヘレナ・バーベムに意識を移した。ただし声はそのまま。若い女性がいきなり家弓ボイスに声変わりするのは中々の恐怖である。
ヘレナ含む奏者候補たちを生み出し、また自分たちは特別であると選民思想を植えつけていたようである。そのためかどうかは分からないがヘレナはバーベム卿を崇拝しており、彼女は身体を差し出すことに抵抗しなかった。
クライマックスにおいて、ラーゼフォンによる世界の調律に歓喜し、絶頂の中射殺される。勝ち逃げである。
つまり「ラーゼフォン」の物語は最初から最後までコイツの思惑通り。
彼は見事に目的を果たしたのであった。

劇場版だといくつか設定が異なる。
ムーの世界にいた時に調律を行うが失敗、ムーを破滅させる。それでも反省せず人間世界で再び調律を行うことを決意し、あとはTV版と同じように来るべき時に準備していた。
ラーゼフォンとなった綾人の調律がどんな結果になろうと構わないと語るが、TV版と違い、その実ムーリアンである綾人がムー側の調律をすることを信じて疑わずまたそれを望んでいた。
しかし綾人が自身の望む調律をしなかったことで激昂。
「これが私が造ったシステムの輝きだとでも言うのか。違う!」と怒りをあらわにする。「私は創造主なのだぞ」と宣うが、部下である功刀長官に「人が知覚出来る神など、神ではない」と論破され、失意のうちに射殺された。
TV版でもやもやした人は劇場版を見て溜飲が下がったとか下がってないとか。
ある種超然としていたTV版と異なり、分かりやすい悪役にされたうえ最後はみっともなく死んでいったことで、小物っぽくなり残念な気もする。

声変わり度:☆☆☆☆☆

フェイスレス(からくりサーカス)

フェイスレス
だって僕は 『自分を信じている』 もん。
自分を信じて『夢』を追い続けていれば、夢はいつか必ず叶う!


藤田和日郎の漫画「からくりサーカス」に登場した、全ての元凶にして最凶最悪の黒幕。多分童貞。劇中における不幸は全てコイツのせいと言ってもいい。

自動人形とのサハラでの最終決戦において、しろがね-Oたちのリーダーとして初めて登場した。彼らからは「フェイスレス指令」と呼ばれる。
終始ふざけておりよくつまらないギャグを披露するが、しろがね-Oたちからは「恐ろしい人」と畏敬の念を持たれている。
しろがねグループの中では鷹派だったのか、ルシールからは疎まれていた(中々の慧眼である)。
恋人を自動人形に連れ去れられたという過去を鳴海に語り、鳴海を救うためにその身を犠牲にし退場かと思われたが……。

ところがどっこい生きてた。
その正体は自動人形の造物主「白金」であり、才賀正二の宿敵「ディーン」であり、主人公である勝の父親「才賀貞義」であり、「フェイスレス指令」でもあった。
「フェイスレス(顔無し)」とはよく言ったものである。
当然のことながら鳴海に語った過去も嘘っぱち。マンガのルール違反スレスレである
人を笑わせないと永遠の苦しみが続く業病「ゾナハ病」をばらまいた張本人。
彼の目的は200年前の初恋の人「フランシーヌ」の生まれ変わりである「エレオノール」の愛を勝ち取ること。
フェイスレスはフランシーヌ→アンジェリーナ→エレオノールと200年もの間初恋の影を追っていたがフラレっぱなしであった。
その為エレオノールと固い絆で結ばれた勝に自身を《転送》し、二人だけで永遠を生きようとするが、すんでのところで失敗。
全てに飽きたフェイスレスはゾナハ病を活性化させ人類抹殺を宣言。
それを止めるため勝は、人工衛星の上でフェイスレスと最後の死闘を演じる……。

自分の目的のためにあらゆるものを利用してきた究極のエゴイスト
そのくせそれが悪いことだとは、これっぽっちも思っていない。
フランシーヌそっくりの人形を造るが、所詮人形では笑うことが出来ないことを知り絶望。フランシーヌ人形を笑わせるためにルシールの村の人々を虐殺した。
その後かつて自身が造り、捨てた自動人形たちがゾナハ病をばらまいていることを知るが自分には関係ないとスルー。それどころかしれっと別の身体を手に入れしろがね側に入り込む。全ては夢を叶えるために……。
冒頭の彼のセリフはフェイスレスという人間をあらわすのにピッタリである。
勝はそんな彼の精神性を「全てを燃やし尽くすどす黒い太陽」と評した。
その後「自分しか抱きしめられないあなたは誰にも愛されない」論破指摘された。

戦闘能力はかなり高く、計画はことごとく失敗に終わっているが作中ほぼ負けなし。
自動人形や懸糸傀儡を一瞬でバラバラにする「分解」、あらゆるものを溶かす「溶解」、そして自身が自動人形の造物主であると一瞬で解らせる「理解」と、三つ合わせて「三解」のフェイスレスと呼ばれている。
身体は正二との戦いでボロボロになった後ほとんどを機械化し、作中屈指の実力者であるギイ・クリストフ・レッシュを相手に(人形がオリンピアでは無かったとはいえ)、一方的に勝利している。
人形造り、人形繰り、どちらも超一流であり、最後の戦いでも実質勝に勝っていたほどの圧倒的強さを誇る。

最後まで自身の行動を省みなかったフェイスレスだが、人工衛星での最後の戦いで、
自身の記憶を一度は《転送》し自身と同じ立場にありながら別の答えを出した勝
自身の記憶を溶かした生命の水を飲んだ分身でありながら反逆した犬
自身が造りあげ自分と同じ一方的な愛を押し付けるディアマンティーナと、三人の自分を客観的に見ることでようやく自身の過ちに気づきこれを認め、崩壊する宇宙ステーションと共に宇宙に散っていった。

夢追い人度:☆☆☆☆☆

はじめに

まずはこちらを御覧ください。
素晴らしき悪役列伝
古今東西の魅力的な悪役キャラを紹介するこのブログ、非常に面白く読ませていただきましたが私が発見した時にはすでに更新が止まっていました。
「まだまだ世界にはすばらしい悪役がいるのにもったいない!」と、私の中でムラムラする気持ちが起こり、
「だったら俺が紹介する!」と思いたちこのブログを始めることにしました。
アニメ・マンガ・映画・小説・ゲームなどの、私が知る限りの愛しき悪役たちをここでは紹介していきます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。